荻窪 吉祥寺 大塚礼子バレエスタジオ【講師紹介】
バレエ講師紹介バレエプログラムバレエクラス紹介大塚礼子バレエの申込案内バレエ教室案内教師バレエ教室生徒大塚礼子バレエスタジオ GALLERYリンク
大塚礼子

谷 桃子バレエ団 理事
谷 桃子バレエ団付属アカデミー校長

山梨県出身  5才でモダン・バレエを始める。
1974年   谷桃子バレエ団入団。
1976年   同団の「白鳥の湖」(全幕)に出演。
1978年   文化庁派遣芸術家在外研修員に選ばれ、アメリカン・バレエ・シアター・スクールに2年間留学。

1980年   帰国後は、谷桃子バレエ団のプリマバレリーナとして各舞台に活躍。

1981年   日本バレエ協会公演において、江川明振付「オンディーヌ」に主演。谷桃子バレエ団公演にて、 クールベール振付「ロミオとジュリエット」でミッシェル・ブルエルと共演。好評を博す。

1982年   芸術選奨文部大臣新人賞受賞。“ダンサーズ '82 ”に参加、パリ・中南米などで創作バレエ「蝶々夫人」他に主演。

1990年   服部智恵子賞受賞。
1993年   深川秀夫バレエの世界にて「火の鳥」を踊る。
1997年   「サロメ」「カルメン」主演。
1997年   新国立劇場開場記念公演、現代舞踊マスターワークス「梟ふくろうの唄」に出演。

2006年   橘 秋子賞「助演優秀賞」受賞。

日本音楽高等学校バレエ科講師
谷 桃子バレエ団 カンパニーティーチャー・ミストレス

主な主演作品としては、「白鳥の湖」「バヤデルカ」「海賊」「ドン・キホー
テ」「ジゼル」などの古典全幕バレエの他、創作作品も数多くある。
現在では新国立劇場マクミラン振付「ロミオとジュリエット」乳母役、
「マノン」マダム役などに出演している。

大塚礼子

photo by Nogami



深川秀夫


名古屋市出身  13才でバレエを始める。
1965年    第2回ブルガリア・ヴァルナ国際コンクールにて銅賞受賞。
1968年    東京新聞主催全国舞踊コンクール第1位受賞。
1969年    第1回モスクワ国際バレエコンクールにて銅賞受賞。
       同時にリファールよりニジンスキー賞を受ける。
1970年~ 東ベルリンコミッションオペラにソリストとして契約。
       第5回ヴァルナ国際コンクール第2位受賞。(第1位は無し)
       シュツットガルド・バレエ団入団。
       ミュンヘン国立バレエ劇場にエトワール契約。
       ヨーロッパを中心に世界各地の舞台にゲスト多数出演。
       ノエラ・ポントワ、ノラ・キッス、
        ユールゲン・シュナイダー、に師事。

       演出・振付けも手掛け始め、数々の作品を発表。
       そのおしゃれで独特な感性に彩られた作品は、
       古典・創作を含め各地で好評を得る。
1987年   大阪文化祭奨励賞受賞。
1998年   第26回ローザンヌ国際バレエコンクールにて審査員を務める。
1999年   平成10年度愛知県芸術文化選奨文化賞受賞。
       バレエプロジェクト「フラッシュ」を率い関西各地で公演。
       東京・大阪・名古屋を始め
       各地のバレエ団で演出・振付作品多数。
       神戸バレエコンクール、北九州バレエコンクール等、
       審査員歴多数。
2005年  ジョンクランコスクール(シュツットガルト)に作品を依頼される。
2006年  再度ジョンクランコスクールに作品を依頼される。
2008年  名古屋市芸術特賞受賞。
2010年  6月 アメリカのジャクソンコンクール審査員
2010年  7月 ヴァルナ(ブルガリア)国際バレエコンクール審査員
2012年  7月 ソウル インターナショナルダンスコンクール審査員

深川秀夫

photo by Nogami